トップページ > 研究業績 > 学会・シンポジウム

学会・シンポジウム

2017

  • Matsuwaki T, Doke M, Kuroda M, Mase K, Miyaji K, Yamanouchi K, Nishihara M
    The role of Progranulin as a mediator of estrogen actions in the central nervous system.
    International Seminar of Core-to-core Program "Insulin-like Signaling: universal signaling for extension of healthy lifespan and improvement of quality for humans and animals" 2017月1月25日 東京
  • Yamanouchi K
    A novel rat model of muscular dystrophy and newly identified functional molecule in mesenchymal progenitor cells.
    The 8th Joint Symposium of Veterinery research among Universities of Veterinary Medicine in East Asia 2017月2月20日 Taichung, Taiwan

2016

  • 竹内志帆、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    骨格筋間葉系前駆細胞の脂肪分化および線維芽細胞分化におけるCSPG4の機能解析
    第121回日本畜産学会 2016年3月29日 東京
  • Mugiko KOMATSUDA, Keitaro YAMANOUCHI, Takashi MATSUWAKI and Masugi NISHIHARA
    Hypercorticosteronemia is responsible for hyperphagia in human growth hormone transgenic rats.
    Society for the Study of Ingesting Behavior Annual Meeting 2016年7月14日 Porto, Portugal
  • Ma Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Roles of progranulin in mice adult hippocampal neurogenesis and neuroinflammatory responses under immune stress.
    第39回 日本神経科学大会 2016年7月21日 横浜
  • Teramoto N, Sugihara H, Nakamura K, Shiga T, Tanihata J, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Pathological evaluation of rats carrying CRISPRE/Cas-9-mediated in-frame mutaion in dystrophin gene.
    FASEB science research conference "Skeletal Muscle Satellite Cells and Regeneration" 2016年7月25、26日 Keystone, CO, USA
  • Shiho Takeuchi, Shin-Ichi Nakano, Katsuyuki Nakamura, Atsufumi Ozoe, Peggie Chien, Hidehito Yoshihara, Fumihiko Hakuno, Takashi Matsuwaki, Yasushi Saeki, Shin-Ichiro Takahashi, Keitaro Yamanouchi, Masugi Nishihara
    Identification of chondroitin sulfate proteoglycan 4 as a marker for mesenchymal progenitor cells and its possible involvement in adipogenic/fibrogenic differentiation.
    FASEB science research conference "Skeletal Muscle Satellite Cells and Regeneration" 2016年7月26、27日 Keystone, CO, USA
  • 竹内志帆、中野真一、中村克行、尾添淳文、Peggie Chien、吉原英人、伯野史彦、松脇貴志、佐伯泰、高橋伸一郎、山内啓太郎、西原真杉
    骨格筋間葉系前駆細胞の分化制御に関わる細胞表面分子の探索とその機能解析
    第2回日本筋学会学術集会 2016月8月5日 東京
  • 山内啓太郎
    ラット間葉系前駆細胞クローンの樹立とその性質に関する解析
    第2回日本筋学会 骨格筋ステムセルバイオロジー  2016年8月6日 東京
  • 黒田万智、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    薬物誘導性てんかん様発作に対するプログラニュリンの影響
    第159回日本獣医学会 2016月9月6日 藤沢
  • 杉原英俊、寺本奈保美、中村克行、志賀崇徳、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    ジストロフィン遺伝子変異ラットの骨格筋病変に対する細胞老化の関与
    第159回日本獣医学会 2016年9月6日 藤沢
  • 山内啓太郎
    哺乳類骨格筋の発達と再生に関する研究
    第159回日本獣医学会 学会賞記念講演 2016年9月7日 藤沢
  • 山内啓太郎
    再生器官としての筋肉とその疾患
    日本チャールズリバー株式会社 教育講演 2016年9月9日 つくば
  • Yuri Ishiuchi, Hitoshi Sato, Takashi Matsuwaki, Keitaro Yamanouchi, Hideo Kawaguchi, Masugi Nishihara, Taku Nedachi
    Identification of CXCL10 as a contraction-reduced myokine in mouse skeletal muscle.
    The 7th EMBO meeting 2016年9月10-13日 Mannheim, Germany
  • 小松田麦子 安宅快 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    ヒト成長ホルモン遺伝子導入ラットの過食に対する高コルチコステロン血症の関与
    第43回日本神経内分泌学会学術集会 2016月10月14日 浜松
  • Yonezawa-Sone M, Kasahara K, Nakata L, Watanabe C, Yamanouchi K, Nishihara M, Chida K, Hakuno F, Takahashi SI
    Novel Roles of the Akt Substrate, AS47 in GH-Induced Inhibition of Insulin-Stimulated Glucose Uptake in Adipocytes without Affecting GLUT4 Translocation to Plasma Membranes.
    The 8th International Congress of GRS-IGF Society 2016年11月6-9日 Tel Aviv, Israel

2015

  • 中村克行、山内啓太郎、藤井渉、寺本奈保美、谷端淳、武田伸一、西原真杉
    ゲノム編集を用いた筋ジストロフィーモデルラットの作出
    筋ジストロフィー合同班会議 2015年1月9日 東京
  • 中村克行、山内啓太郎
    CRISPR/Cas systemを用いたジストロフィン遺伝子変異ラットの作製
    第8回ラットリソースリサーチ研究会 2015年1月23日 京都
  • 竹内志帆、中村克行、中野真一、尾添淳文、吉原英人、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    2G11細胞膜表面抗原の同定と骨格筋における発現動態解析
    第119回 日本畜産学会 2015年3月29日 宇都宮
  • 近江早苗、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    SPARCノックアウトマウスの骨格筋における表現型解析
    第119回 日本畜産学会 2015年3月29日 宇都宮
  • Ma Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Roles of progranulin in adult neurogenesis and neuroinflammatory responses in the mice hippocampus following acute infectious stress.
    第38回 日本神経科学大会 2015年7月29日 神戸
  • 杉原英俊、中村克行、寺本奈保美、志賀崇徳、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    デュシェンヌ型筋ジストロフィーの病態悪化に細胞老化が関与する可能性
    第1回 日本筋学会 2015年8月8日 東京
  • 寺本奈保美、中村克行、杉原英俊、志賀崇徳、谷端淳、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Dystrophin遺伝子にin-frame変異をもつラットの表現型の解析
    第1回 日本筋学会 2015年8月8日 東京
  • 馬彦博、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Prostaglandin E2-EP receptor signaling may protect adult hippocampal neurogenesis under acute stress conditions.
    第158回 日本獣医学会 2015年9月7日 十和田
  • 寺本奈保美、中村克行、杉原英俊、志賀崇徳、谷端淳、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Dystrophin遺伝子にin frame変異をもつラットの表現型解析
    第158回 日本獣医学会 2015年9月8日 十和田
  • Takashi Matsuwaki
    The role of progranulin in the central nervous system -from the cradle to the grave-
    Core-to-Core Project sponsored by JSPS "New Insights into the Molecular Basis of Prevention of Diseases in the Aging Society Caused by Modulation of Insulin-Like Activities"  2015年9月25日 Madrid, Spain
  • Doke M, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Progranulin deficiency attenuates estrogen-induced increase of adult neurogenesis in the hippocampus.
    Society for Neuroscience, 45th annual meeting 2015, October 19th, Chicago, IL, USA
  • Komatsuda M, Yamanouchi K, Matsuwaki T, Nishihara M
    Free access to running wheel normalizes hyperphagia and obesity in human growth hormone transgenic rats.
    Society for Neuroscience, 45th annual meeting 2015, October 20th, Chicago, IL, USA
  • Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Anti-inflammatory effects of PGRN on the temperature and food intake via suppressing the level of circulating cytokines.
    Society for Neuroscience, 45th annual meeting 2015, October 21st, Chicago, IL, USA
  • Ma Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Involvement of progranulin in regulating neurogenesis and microglial activation in the hippocampus under acute infectious stress conditions.
    Society for Neuroscience, 45th annual meeting 2015, October 21st, Chicago, IL, USA
  • 合田祐貴、西宏起、山中大介、亀井宏泰、山内 啓太郎、勝俣昌也、潮秀樹、加藤久典、千田和広、伯野史彦、高橋 伸一郎
    食餌中の全アミノ酸不足やリジン不足は骨格筋への脂肪蓄積を誘導する
    第38回 日本分子生物学会年会、第88回 日本生化学会大会 合同大会 2015年12月1日 神戸
  • 山内啓太郎
    ゲノム編集を用いた筋疾患モデルラットの作出とその病態解析(招待講演)
    第91回 実験動物コンファレンス 2015年12月12日 東京

2014

  • 山内啓太郎
    骨格筋における筋細胞と脂肪細胞の相互分化制御機構(招待講演)
    日本学術会議シンポジウム「食肉をつくる細胞とその制御機構」−筋肥大と脂肪蓄積のメカニズム解明に向けた新展開− 2014年3月26日 つくば
  • 細川雅人、新井哲明、鈴掛雅美、近藤ひろみ、松脇貴志、西原真杉、長谷川成人、秋山治彦
    タウトランスジェニックマウスにおいてプログラニュリンの減少はタウのリン酸化に影響を与える
    第61回日本実験動物学会 2014年5月15日 札幌
  • 西原真杉
    ステロイドホルモンの中枢作用
    第3回プロゲストーゲン研究会 2014年5月31日 東京
  • Nakamura K, Fujii W, Tsuboi M, Yanihata J, Teramoto N, Takeuchi S, Naito K, Yamanouchi K, Nishihara M
    Generation of dystrophin mutated rats with a CRISPR/Cas system as a new animal model of muscular dystrophy.
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells", 2014, July 22nd, Steamboat Springs, CO, USA
  • 中村克行、藤井渉、坪井誠也、谷端淳、寺本奈保美、竹内志帆、内藤邦彦、山内啓太郎、西原真杉
    CRISPR/Cas法を用いた筋ジストロフィーモデルラットの作出
    第157回 日本獣医学会 2014年9月9日 札幌
  • 竹内志帆、中村克行、中野真一、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    脂肪分化能/筋分化能を有する2G11様細胞の筋損傷モデルにおける動態
    第157回 日本獣医学会 2014年9月9日 札幌
  • 山内啓太郎、中村克行、松脇貴志、西原真杉
    筋細胞による骨格筋脂肪前駆細胞の分化抑制
    第157回 日本獣医学会 2014年9月9日 札幌
  • 馬彦博、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Cyclooxygenase-2-related signaling may play a protective role in adult hippocampal neurogenesis under acute stress conditions
    第157回 日本獣医学会 2014年9月9日 札幌
  • Tanaka Y, Chambers J, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Involvement of lysosomal dysfunction in the pathology of the brain in aged progranulin-deficient mice.
    第37回 日本神経科学大会 2014年9月13日 横浜
  • Tsutiya A, Watanabe H, Nishihara M, Goshima Y, Ohtani-Kaneko R
    CRMP4 contributes to formation of the olfactory bulb neural circuits
    Society for Neuroscience, 44th annual meeting, 2014, November 15th, Washington, DC, USA
  • Ma Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Possible protective role of cyclooxygenase-2-related signaling in adult neurogenesis under acute stress conditions.
    Society for Neuroscience, 44th annual meeting, 2014, November 17th, Washington, DC, USA
  • 三浦南、金澤雅人、川村邦雄、高橋哲哉、田中良法、小山美咲、鳥谷部真史、五十嵐博中、中田力、西原真杉、西澤正豊、下畑享良
    プログラニュリンは神経細胞保護効果・抗炎症作用をもつ
    第26回日本脳循環代謝学会 2014年11月21〜22日 岡山
  • 細川雅人、新井哲明、増田-鈴掛雅美、近藤ひろみ、松脇貴志、西原真杉、長谷川成人、秋山治彦
    プログラニュリンの減少はタウのリン酸化を亢進させる
    第33回 日本認知症学会 2014年11月30日 横浜
  • 田中良法、チェンバーズジェームズ、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    プログラニュリン遺伝子欠如に特徴的な脳の病理におけるリソソーム機能不全の関与
    第33回 日本認知症学会 2014年12月1日 横浜
  • 中村克行、山内啓太郎、藤井渉、寺本奈保美、谷端淳、西原真杉
    ゲノム編集を用いた筋ジストロフィーモデルラットの作出
    筋ジストロフィーモデル動物を用いた新たな治療法の開発研究班会議 2014年12月3日 東京

2013

  • 中野真一、中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    ラット骨格筋由来脂肪前駆細胞を特異的に認識するモノクローナル抗体の作製
    第12回 日本再生医療学会総会 2013年3月21日 横浜
  • 田中良法、西原真杉
    加齢時の脳内恒常性維持機構における成長因子プログラニュリンの関与
    生理学・生化学分科会シンポジウム「脳とエイジング」
    第155回 日本獣医学会 2013年3月28日 東京
  • Nishihara M
    Roles of progranulin in mediating estrogen actions in the brain
    Symposium: Novel molecular and cellular mechanisms for sex steroid actions in the brain
    The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 2013, March 29th, Tokyo
  • 中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    骨格筋前駆細胞におけるニッチ構成タンパク質SPARCの内在化とその加齢性変化
    第36回 日本基礎老化学会 2013年6月6日 大阪
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M.
    Progranulin deficiency leads to increased lysosomal biogenesis in activated microglia and exacerbated neuronal damage after traumatic brain injury in mice.
    第36回 日本神経科学大会 2013年6月20日 京都
  • 中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    骨格筋における非構造性細胞外マトリクス因子SPARCの役割
    第117回 日本畜産学会 2013年9月9日 新潟(優秀発表賞受賞)
  • 竹ヶ原優希、山内啓太郎、中村克行、西原真杉
    骨格筋内脂肪細胞が筋前駆細胞の分化に与える影響
    第117回 日本畜産学会 2013年9月9日 新潟
  • Takashi M, Robert I, Anders B
    The role of the IL-1 receptor in the centrally-elicited sickness response to lipopolysaccharide.
    45th European Brain and Behaviour Society Meeting, 2013, September 7th, Munich, Germany
  • Takashi M, Anna E, Unn K, Anders B
    Evaluation of the role of perivascular macrophages in the IL-1β–induced neuroendocrine response.
    Federation of European Neurosciences, Featured Regional Meeting, 2013, September 11th, Prague, Czech Republic
  • 田中良法、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    プログラニュリンは活性化ミクログリアにおけるリソソーム生合成を抑制する
    第156回 日本獣医学会 2013年9月20日 岐阜
  • 馬彦博、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Cyclooxygenase-2-related signaling plays differential roles in regulating hypothalamic neuronal activity under various acute stress conditions.
    第156回 日本獣医学会 2013年9月20日 岐阜
  • 後藤亜紀子、山内啓太郎、西原真杉
    マウス海馬におけるプログラニュリン欠損による遺伝子変化
    第156回 日本獣医学会 2013年9月20日 岐阜
  • 中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    加齢に伴う骨格筋前駆細胞のSPARC反応性低下に対する内在化の関与
    第156回 日本獣医学会 2013年9月20日 岐阜
  • Yamanouchi K
    Cross-regulation of adipogenesis and myogenesis in skeletal muscle.
    "The Biology of Muscle Growth and Repair", 2013, September 27th, Tucson, AZ
  • Yamanouchi K
    Cross-regulation of adipogenesis and myogenesis.
    National Institute of Animal Science, 2013, October 24th, Suwon, Korea
  • Yamanouchi K
    Adipogenesis in Skeletal Muscle.
    International Conference for Animal Biology, 2013, October 25th, Chungju, Korea
  • Ma YB, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Differential roles of cyclooxygenase-2-related signaling in regulating neuronal activity under various acute stress conditions.
    Society for Neuroscience, 43rd annual meeting, 2013, November 11th, San Diego, CA, USA
  • Tsutiya A, Watanabe H, Nishihara M, Goshima Y, Ohtani-Kaneko R
    Influence of CRMP4 in the olfaction and olfactory bulb development.
    Society for Neuroscience, 43rd annual meeting, 2013, November 11th, San Diego, CA, USA
  • Miura K, Ishii M, Ishibashi K, Ogura Y, Nishihara M, Nedachi T
    Density-dependent dual effects of oxidative stress in HT22 murine hippocampal cells.
    Society for Neuroscience, 43rd annual meeting, 2013, November 12th, San Diego, CA, USA
  • Sato S, Miura K, Tsutiya A, Tanaka Y, Ohtani-Kaneko R, Nishihara M, Nedachi T
    PGRN-dependent regulation of SIRT1 in neural progenitor cells.
    Society for Neuroscience, 43rd annual meeting, 2013, November 13th, San Diego, CA, USA
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Progranulin suppresses excessive lysosomal biogenesis in activated microglia after traumatic brain injury in mice.
    Society for Neuroscience, 43rd annual meeting, 2013, November 13th, San Diego, CA, USA

2012

  • 小嶋春佳、根建 拓、山内啓太郎、西原真杉
    「培養神経細胞を用いたプログラニュリンの神経保護作用の解析」
    第153回 日本獣医学会 2012年3月27日 さいたま
  • 三好貴大、中野真一、千葉絢子、山内啓太郎、西原真杉
    エレクトロポレーションによる哺乳類筋線維の脱分化誘導の試み
    第153回 日本獣医学会 2012年3月27日 さいたま
  • 中村克行、中野真一、山内啓太郎、西原真杉
    インテグリンa5は老齢ラット骨格筋前駆細胞におけるSPARC抵抗性に関与する
    第153回 日本獣医学会 2012年3月27日 さいたま
  • 山内啓太郎
    骨格筋に出現する脂肪細胞の起源とその蓄積機序
    第115回 日本畜産学会シンポジウム 2012年3月29日 名古屋
  • Wu GF, Matsuwaki T, Tanaka Y, Yang JC, Yamanouchi K, Hu JM, Nishihara M
    Taurine inhibited LPS induced declines in neurogenesis in DG
    The 18th International Taurine Meeting, 2012, April 9th, Marrakech, Morocco
  • 三好貴大、中野真一、千葉絢子、山内啓太郎、西原真杉
    エレクトロポレーションによる哺乳類筋線維の脱分化誘導について
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012年6月30日 東京
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Increased CD68-positive microglia following traumatic brain injury in progranulin deficient mice.
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012年6月30日 東京
  • 中野真一、山内啓太郎、中村克行、西原真杉
    成体ラット骨格筋由来筋前駆細胞の筋分化におけるFGFR4の役割
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012年6月30日 東京
  • 馬彦博、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Glucocorticoids differentially regulate cyclooxygenase-2-related signaling pathway in the hypothalamus under various stress conditions.
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012年6月30日 東京
  • 中村克行、中野真一、三好貴大、山内啓太郎、西原真杉
    In Vivo siRNAによるSPARC発現抑制が骨格筋に与える影響
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012年6月30日 東京
  • Nakano SI, Yamanouchi K, Nakamura K, Miyoshi T, Matsuwaki T, Nishiahra M
    FGF signal is required for the maintenance of adipogenesity of progenitor cells in rat skeletal muscle.
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells", 2012, August 13th, Lucca, Italy
  • Nakamura K, Nakano SI, Miyoshi T, Yamanouchi K, Matsuwaki T, Nishihara M
    Age-related resistance of skeletal muscle-derived progenitor cells to SPARC may explain a shift from myogenesis to adipogenesis.
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells", 2012, August 13th, Lucca, Italy
  • Hyun K, Yamanouchi K, Matsuwaki T, Kim DH, Park SB, Ko YG, Kim SW, Do YJ, Nishihara M.
    Induction of Ski protein expression upon luteinization in rat granulosa cells without changes in its mRNA expression.
    第105回 日本繁殖生物学会 2012年9月7日 つくば
  • 小松田麦子、山内啓太郎、西原真杉
    自由走行可能な飼育環境は肥満モデルラットにおける過食を抑制する
    第154回 日本獣医学会 2012年9月15日 岩手
  • 田中良法、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    外傷性脳傷害モデル適用後の脳修復機構におけるプログラニュリンの役割
    第154回 日本獣医学会 2012年9月15日 岩手
  • 馬彦博、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    Differential roles of cyclooxygenase-2-related signaling pathway in response to various acute stresses.
    第154回 日本獣医学会 2012年9月15日 岩手
  • 中村克行、中野真一、三好貴大、山内啓太郎、西原真杉
    骨格筋の維持におけるSPARCの役割に関する研究
    第154回 日本獣医学会 2012年9月16日 岩手
  • 竹ヶ原優希、中村克行、中野真一、山内啓太郎、西原真杉
    骨格筋内脂肪細胞が筋前駆細胞の分化に与える影響
    第154回 日本獣医学会 2012年9月16日 岩手
  • 中野真一、山内啓太郎、中村克行、西原真杉
    ラット骨格筋多能性幹細胞クローン2G11を特異的に認識するモノクローナル抗体の作製
    第154回 日本獣医学会 2012年9月16日 岩手
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M.
    Facilitation of TGF-beta1 expression in PGRN-deficient mice associated with excessive activation of CD68-positive microglia after traumatic brain injury.
    第35回 日本神経科学大会 2012年9月18日 名古屋
  • Matsuwaki T, Wu GF, Tanaka Y, Yamanouchi K, Nishihara M.
    Taurine counteracts the suppressive effect of lipopolysaccharide on neurogenesis in the hippocampus.
    Society for Neuroscience, 42th annual meeting, 2012, October 17th, New Orleans LA, USA
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Exacerbated Inflammatory Responses Related with Activated Microglia after Traumatic Brain Injury in Progranulin Deficienct Mice.
    Society for Neuroscience, 42th annual meeting, 2012, October 16th, New Orleans LA, USA
  • Ma YB, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    Glucocorticoids differentially regulate cyclooxygenase-2-related signaling pathway in the hypothalamus under various stress conditions.
    Society for Neuroscience, 42th annual meeting, 2012, October 17th, New Orleans LA, USA

2011

  • Hosokawa M, Arai T, Nonaka T, Yamashita M, Suzukake M, Matsuwaki T, Nishihara M, Hasegawa M, Akiyama H
    「Progranulin reduction affects tau phosphorylation in P301L tau transgenic mice.」
    Society for Neuroscience, 41th annual meeting, 2011, November, Washington DC, USA
  • 中野真一、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「骨格筋多能性幹細胞の分化制御機構におけるFGFシグナルの関与」
    第11回 東京大学生命科学シンポジウム 2011年6月 東京
  • 中野真一、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「骨格筋多能性幹細胞の分化制御機構におけるFGFシグナルの関与」
    第114回 日本畜産学会 2011年8月 青森
  • 中野真一、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「FGFシグナルによる骨格筋多能性幹細胞の脂肪分化維持作用の解析」
    第152回 日本獣医学会 2011年9月 大阪
  • 田中良法、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「プログラニュリンは外傷性脳傷害後のCD68陽性ミクログリアの過剰な活性化を抑制する」
    第152回 日本獣医学会 2011年9月 大阪
  • Matsuwaki T, Iwahashi Y, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Effects of sucrose consumption in adolescence on anxiety behavior in adulthood in rats.」
    Society for Neuroscience, 41th annual meeting, 2011, November, Washington DC, USA
  • Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Progranulin suppresses excessive activation of CD68-positive microglia following traumatic brain injury in mice.」
    Society for Neuroscience, 41th annual meeting, 2011, November, Washington DC, USA
  • Nedachi T, Kawai T, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Potential role of progranulin in neural progenitor cells.」
    Society for Neuroscience, 41th annual meeting, 2011, November, Washington DC, USA
  • 田中良法、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「プログラニュリンが外傷性脳傷害後のミクログリアの活性化と血管新生に与える影響」
    第38回 日本神経内分泌学会 2011年11月 東京

2010

  • 根建拓、河合隆徳、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「神経前駆細胞におけるプログラニュリンの生理作用の解析」
    第149回 日本獣医学会 2010年3月 東京
  • 朝倉麗、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「走行運動により促進される神経新生におけるプログラニュリンの役割」
    第149回 日本獣医学会 2010年3月 東京
  • 藤井崇博、中野真一、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「骨量低下を示す成長ホルモン(GH)分泌低下モデルラットに対するGH投与の効果」
    第149回 日本獣医学会 2010年3月 東京
  • 小林晃、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「運動学習機構におけるプログラニュリンの役割に関する研究」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 2010年5月 東京
  • 中村克行、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「老齢ラット骨格筋幹細胞は脂肪分化抑制因子SPARCに対する抵抗性を示す」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 2010年5月 東京
  • 中野真一、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「bFGFによる骨格筋多能性幹細胞2G11細胞の分化制御機構の解明」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 2010年5月 東京
  • 岩橋佑佳、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「若齢期栄養状態が成熟後の不安傾向、記憶能およびストレス耐性に与える影響」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 2010年5月 東京
  • 藤澤彩乃、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモン分泌制御機構の組織学的解析」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 2010年5月 東京
  • Ahmed Z, Sheng H, Xu Y, Lin WL, Innes AE, Yu X, Hou H, Chiba S, Yamanouchi K, Petrucelli L, Nishihara M, Hutton ML, McGowan E, Dickson DW, Lewis J.
    「Accelerated lipofuscinosis and ubiquitination in granulin knockout mice suggests a role for progranulin in successful aging.」
    The Alzheimer's Association International Conference on Alzheimer's Disease 2010, 2010, July, Honolulu, Hawaii, USA
  • 中村克行、山内啓太郎、松脇貴志、西原眞杉
    「老齢ラット骨格筋幹細胞は脂肪分化抑制因子SPARCに対する抵抗性を示す」
    第150回 日本獣医学会 2010年9月 帯広
  • 中野真一、山内啓太郎、松脇貴志、西原眞杉
    「bFGFによる骨格筋多能性幹細胞の分化制御機構の解明」
    第150回 日本獣医学会 2010年9月 帯広
  • 岩橋佑佳、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「若齢期栄養状態が成熟後の不安傾向、記憶能およびストレス耐性に与える影響」
    第150回 日本獣医学会 2010年9月 帯広
  • 藤澤彩乃、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモン分泌制御機構の組織学的解析」
    第150回 日本獣医学会 2010年9月 帯広
  • 小林晃、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「小脳の運動学習機能におけるプログラニュリンの役割」
    第11回 行動神経内分泌研究会 2010年9月 茨城
  • 岩橋佑佳、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「若齢期栄養状態が成熟後の脳機能に与える影響」
    第11回 行動神経内分泌研究会 2010年9月 茨城
  • 藤澤彩乃、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「成長ホルモンパルス抑制に対する神経ペプチドYとソマトスタチンの関与」
    第37回 日本神経内分泌学会 2010年10月 京都
  • 小林晃、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「運動学習における成長因子プログラニュリンの役割」
    第37回 日本神経内分泌学会 2010年10月 京都
  • 松脇貴志、朝倉麗、山内啓太郎、西原眞杉
    「成長因子プログラニュリンの脳内分布と海馬神経新生における役割」
    第37回 日本神経内分泌学会 2010年10月 京都
  • Matsuwaki T, Asakura R, Yamanouchi K, Nishihara M.
    「Progranulin mediates the effect of voluntary exercise on neurogenesis in the hippocampus.」
    Society for Neuroscience, 40th annual meeting, 2010, November, San Diego, CA, USA

2009

  • 河合隆徳、根建拓、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「成長因子プログラニュリンの神経保護作用の解析」
    第147回 日本獣医学会 2009年4月 宇都宮
  • 倉本暁子、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「ゴナドトロピン放出ホルモン・パルスジェネレーターの組織学的同定」
    第147回 日本獣医学会 2009年4月 宇都宮
  • Kiyokawa Y, Takeuchi Y, Nishihara M, Mori Y.
    「Main olfactory system mediates social buffering of conditioned fear responses in male rats.」
    The 18th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Society, 2009, June, Nassau, Bahamas.
  • 藤井崇博、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「成長ホルモン分泌低下モデルラットを用いた成長ホルモンによる骨髄間質細胞の分化制御機構の解析」
    第27回 日本骨代謝学会 2009年7月 大阪
  • 山内啓太郎
    「骨格筋前駆細胞/幹細胞の脂肪分化」
    第17回 日本運動生理学会 2009年7月 東京
  • 岩橋佑佳、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「若齢期栄養状態が成熟後の不安傾向および記憶能に与える影響」
    第10回 行動神経内分泌研究会 2009年7月 宮城
  • 小林晃、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「協調運動制御におけるプログラニュリンの役割」
    第10回 行動神経内分泌研究会 2009年7月 宮城
  • 朝倉麗、松脇貴志、山内啓太郎、西原眞杉
    「自発走行運動により促進される神経新生におけるプログラニュリンの役割」
    第10回 行動神経内分泌研究会 2009年7月 宮城
  • 大前良征、西原真杉、太田昭彦
    「ヒト成長ホルモン(hGH)遺伝子導入(TG)ラットにおいてhGH発現レベルは視床下部-下垂体-精巣軸に異なった影響を及ぼす」
    第24回 日本下垂体研究会 2009年8月 青森
  • 藤井崇博、村上要介、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモン分泌低下モデルラットにおける骨量低下メカニズムの解析」
    第148回 日本獣医学会 2009年9月 鳥取
  • Yonezawa T, Mogi K, Li JY, Nishihara M
    「Regulation of growth hormone pulsatility in female goats: modulation by sex steroids and involvement of neuropeptide Y.」
    The 5th SRD-KSAR Joint Symposium, Reproductive Biology in the Next Decade, 2009, September, Nara, Japan.
  • Kiyokawa Y, Takeuchi Y Nishihara M, Mori Y.
    「Main olfactory system is essential for the social buffering of conditioned fear responses in male rats. 」
    The 32th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2009, September, Nagoya, Japan.
  • Nedachi T, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M.
    「Potential role of progranulin in neural progenitor cells.」
    Society for Neuroscience, 39th annual meeting, 2009, October, Chicago, IL, USA.
  • Ohama T, Yamashita S, Matsuyama A, Matsuwaki T, Kawase R, Yuasa-Kawase M, Inagaki M, Nakatani K, Sandoval JC, Tsubakio-Yamamoto K, Masuda D, Nakagawa-Toyama Y, Nishida M, Ishigami M, Nishihara M, Komuro I.
    「A Novel HDL-associated protein, progranulin, might be involved in lipid metabolism and macrophage recruitment into adipose tissues; implications for the pathophysiology of metabolic syndrome.」
    Association, 2009, November, Orland, Florida.

2008

  • 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    「ストレス反応における脳内プロスタグランジンの役割」
    第145回 日本獣医学会、2008年3月 相模原
  • Kim H, Yamanouchi K, Matsuwaki T, Nishihara M.
    「Expression of Ski in Granulosa Cells during Atresia and Luteinization in Rat Ovary.」
    The 1st International World Congress on Reproductive Biology, 2008, May, Kailua-Kona, Hawaii.
  • Chiba S, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M.
    「Disappearance of Sex Difference in the Anxiety-like Behavior in Progranulin-Deficient Mice.」
    The 1st International World Congress on Reproductive Biology, 2008, May, Kailua-Kona, Hawaii.
  • 金子元、山内瑶子、岡嶋裕志、長谷川高士、山内啓太郎、西原真杉、中江淳、伯野史彦、高橋伸一郎
    「インスリン受容体基質(IRS)-1の強制発現はL6筋芽細胞のFoxo1核局在および筋分化を阻害する」
    第81回 日本内分泌学会 2008年5月 青森
  • Kiyokawa Y, Takeuchi Y, Nishihara M, Mori Y.
    「Social buffering mitigates conditioned fear responses without physical contact in male rats.」
    The 17th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Society, 2008, June, St. Thomas, US Virgin Islands.
  • Takashi Matsuwaki, Keitaro Yamanouchi, Masugi Nishihara.
    「Protective effects of glucocorticoids on the reproductive function under stress conditions.」
    The 4 th JSAR-KSAR Joint Symposium"Recent Advances in Anima Reproductive Biotechnology" 2008, June, Soul, Korea
  • Kiyokawa Y, Takeuchi Y, Nishihara M, Mori Y.
    「Social buffering mitigates conditioned fear responses without physical contact in male rats.」
    The 31th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2008, July, Tokyo, Japan.
  • Yamauchi Y, Kaneko G, Okajima H, Kadowaki T, Yamanouchi K, Nakae J, Hakuno F, Takahashi SI.
    「verexpression of IRS-1 suppresses initiation of myogenesis through exclusion of Foxo1 from the nucleus in the PI 3-kinase-dependent mechanism.」
    4th international congress of the GRS and the IGF society, 2008, September, Genova, Italy.
  • 大前良征、宮崎伸男、西原真杉、太田昭彦
    「ヒト成長ホルモン (hGH) 遺伝子導入transgenic(TG)ラットの雄における視床下部―下垂体―精巣軸の障害機序」
    第101回 日本繁殖生物学会 2008年8月 福岡
  • 板村理央、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「グラニュリンノックアウトマウス視床下部における遺伝子およびタンパク質の網羅的発現解析」
    第146回 日本獣医学会 2008年9月 宮崎
  • 松脇貴志、坂内慎、山内啓太郎、西原真杉
    「走行運動による海馬歯状回の神経新生促進におけるグラニュリンの役割」
    第146回 日本獣医学会 2008年9月 宮崎
  • 金鉉、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「ラットの卵胞閉鎖と黄体形成過程におけるSkiの発現解析」
    第146回 日本獣医学会 2008年9月 宮崎
  • 清川泰志、武内ゆかり、西原真杉、森裕司
    「社会的ストレス緩衝作用に関する研究:主嗅覚系の役割」
    第146回 日本獣医学会 2008年9月 宮崎

2007

  • 山内啓太郎
    「骨格筋幹細胞の脂肪分化 ~なぜ筋肉内に脂肪が蓄積するのか?~」
    北海道大学「魅力ある大学院教育」イニシアティブ事業 2007年2月 札幌
  • 細山徹、石黒直美、山内啓太郎、西原真杉
    「筋衛星細胞の分化運命決定における Rho シグナル伝達系の関与」
    第107回 日本畜産学会  2007年3月 相模原
  • 山内啓太郎、番絢子、柴田真吾、細山徹、村上要介、西原真杉
    「シバヤギ胎仔筋芽細胞における脂肪細胞への分化転換」
    第107回 日本畜産学会  2007年3月 相模原
  • 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    「ストレス非特異的な脳内ストレス情報仲介機構について」
    第143回 日本獣医学会学術集会  2007年4月 つくば
  • Chiba S, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Involvement of granulin in sexual differentiation of the brain and adult neurogenesis.」
    Fourth Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology, 2007, July, Hirosaki, Japan
  • Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Protective effects of glucocorticoids on reproductive function and bradykinesia under stress conditions.」
    Fourth Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology, 2007, July, Hirosaki, Japan
  • Yamanouchi K
    「Adipogenic differentiation of skeletal muscle progenitor/stem cells.」
    University of Wisconsin-Madison, 2007, July, Madison WI, USA
  • Choi JH, Ishida M, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Involvement of 20a-hydroxysteroid dehydrogenase gene in fetal survival in mice.」
    40th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2007, July, San Antonio TX, USA
  • Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Molecular species of prostaglandins mediating stress-induced suppression of gonadotropin secretion in the brain.」
    40th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction, 2007, July, San Antonio TX, USA
  • Murakami Y, Yada E, Hosoyama T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Cloning and characterization of highly adipogenic cells derived from rat skeletal muscle.」
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle and Stem Cells", 2007, July, Indian Wells CA, USA (selected for best poster award)
  • Hosoyama T, Ishiguro N, Murakami Y, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Skeletal muscle fibers affect lineage specification of satellite cells through RhoA signaling pathway.」
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle and Stem Cells", 2007, July, Indian Wells CA, USA (selected for platform presentation)
  • 村上要介、矢田英理香、細山徹、山内啓太郎、西原真杉
    「骨格筋由来高脂肪分化細胞クローンの樹立と筋・脂肪分化能の解析」
    第108回 日本畜産学会  2007年9月 岡山(優秀発表賞受賞)
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「脳内ストレス仲介物質として生殖機能を抑制するプロスタグランジンサブタイプの同定」
    第144回 日本獣医学会学術集会  2007年9月 札幌
  • 千葉秀一、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「不安傾向の性差形成に対するグラニュリンの関与」
    第144回 日本獣医学会  2007年9月 札幌
  • 西原真杉
    「脳の性分化におけるグラニュリンの役割」
    特定領域研究「性分化機構の解明」第4回領域会議 2007年10月 静岡
  • 崔宰赫、石田真帆、松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「マウス胎仔の生存における 20a- 水酸化ステロイド脱水素酵素の役割」
    第100回 日本繁殖生物学会 第12回 日本生殖内分泌学会合同大会 2007年10月 東京
  • 金鉉、山内啓太郎、松脇貴志、西原真杉
    「ラット黄体形成過程における Ski の発現」
    第100回 日本繁殖生物学会 第12回 日本生殖内分泌学会合同大会  2007年10月 東京
  • 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    「ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生殖機能維持作用」
    第100回 日本繁殖生物学会 第12回 日本生殖内分泌学会合同大会  2007年10月 東京

2006

  • 西原真杉
    「性ステロイドの中枢作用と脳内ペプチド」
    第141回 日本獣医学会シンポジウム「本能行動と脳内ペプチド」 2006年3月 つくば
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「ストレス条件下での生殖機能制御におけるグルココルチコイドの生理的役割」
    第141回 日本獣医学会 2006年3月 つくば
  • 山内啓太郎、矢田英理香、石黒直美、細山徹、西原真杉
    「再生骨格筋にみられる脂肪分化能をもつ細胞の増加」
    第106回 日本畜産学会 2006年3月 福岡
  • 米澤智洋、山内啓太郎、西原真杉
    「生理条件が成長ホルモン分泌動態に及ぼす影響」
    第106回 日本畜産学会シンポジウム「ルミナントバイオロジーの新展開」 2006年3月 福岡
  • 増田純弥、山内啓太郎、西原真杉
    「エストロジェンは雌性ラットにおけるストレス反応を扁桃体を介して増強する」
    第83回 日本生理学会 2006年3月 前橋
  • 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    「拘束ストレスによる運動機能低下に対する内因性グルココルチコイドの影響」
    第142回 日本獣医学会学術集会 2006年9月 山口
  • 西原真杉
    「心と体の性差はどうしてできる」
    第99回 日本繁殖生物学会公開市民講座「ジェンダーとセックス、そして男女共同参画」 2006年9月 名古屋
  • 金鉉、山内啓太郎、西原真杉
    「ラット顆粒膜細胞における Ski の発現」
    第99回 日本繁殖生物学会 2006年9月 名古屋
  • 西原真杉
    「哺乳類における脳の性分化関連遺伝子の解析」
    特定領域研究「性分化機構の解明」第3回領域会議 2006年9月 淡路
  • Lee HC, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Effects of perinatal exposure to phthalate/adipate esters on gene expressionin neonatal hypothalamus and reproductive function after maturation.」
    F12th AAAP Animal Science Congress, 2006, September. Busan, Korea
  • 柴田真吾、上野千織、山内啓太郎、西原眞杉
    「サルコペニアモデルトランスジェニックラットにおける骨格筋量低下機構の解析」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • 松脇貴志 山内啓太郎 西原真杉
    「拘束ストレスによる運動機能低下に対する内因性グルココルチコイドの影響」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • 村上要介、矢田英理香、細山徹、山内啓太郎、西原真杉
    「骨格筋由来の高脂肪分化能をもつクローン細胞の樹立及び解析」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • 細山徹、石黒直美、山内啓太郎、西原真杉
    「培養単一筋線維上の筋衛星細胞の分化に対する過収縮の影響」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • 石黒直美、番絢子、村上要介、細山徹、山内啓太郎、西原真杉
    「再生過程のラット骨格筋におけるWnt4の局在」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • 千葉秀一、栢菅遊子、菊水健史、山内啓太郎、西原真杉
    「グラニュリンノックアウトマウスにおける情動行動の解析」
    第142回 日本獣医学会 2006年9月 山口
  • Chiba S, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Granulin mediates the effect of estrogen on adult rat hippocampal」
    neurogenesis. Society for Neuroscience, 36th annual meeting, 2006, October, Atlanta, GA, USA
  • Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Endogenous glucocorticoids prevent bradykinesia induced by immobilization stress. 」
    Society for Neuroscience, 36th annual meeting, 2006, October, Atlanta, GA, USA
  • Yamanouchi K, Shibata S, Ueno C, Nishihara M.
    「Decreased myogenic properties of satellite cells in human growth hormone transgenic rat: a model for elucidating the mechanism of sarcopenia.」
    3rd international congress of the GRS and the IGF society, 2006, November, Kobe, Japan
  • Yonezawa T, Mogi K, Yamanouchi K, Nishihara M.
    「Negative correlation between GH pulsatility and neuropeptide Y profiles in the cerebrospinal fluid in goats.」
    3rd international congress of the GRS and the IGF society, 2006, November, Kobe, Japan

2005

  • 米澤智洋、茂木一孝、李俊佑、酒向隆司、山内啓太郎、西原真杉
    「シバヤギにおける成長ホルモンパルス調節機構に対する栄養状態の影響」
    第104回 日本畜産学会 2005年3月 東京
  • 辰巳隆一、山内啓太郎、細山徹、池内義秀
    「活性化因子 HGFによる筋衛星細胞の休止化誘導」
    第104回 日本畜産学会 2005年3月 東京
  • 山内啓太郎
    「成長ホルモンをターゲットとした生活習慣病・加齢性疾患モデルラットの開発」
    第139回 日本獣医学会 2005年3月 和光
  • 上野千織、山内啓太郎、細山徹、穂積裕幸、矢田英理香、西原眞杉
    「低ヒト成長ホルモントランスジェニックラット( Low hGHラット)のサルコペニア動物としての有用性の評価」
    第139回 日本獣医学会 2005年3月 和光
  • 土屋純一、石田真帆、菊水建史、山内啓太郎、西原眞杉
    「20a-水酸化ステロイド脱水素酵素ノックアウトマウスを用いた新規ニューロステロイド代謝の解析」
    第139回 日本獣医学会 2005年3月 和光
  • Nishihara M
    「Brain science in animal science fields.」
    Symposium on Recent Advances in Animal Science in the AAAP Region, 2005, April, Sendai, Japan
  • Nishihara M
    「Molecular Mechanisms underlying Sex Steroid Actions in the Brain.」
    College of Veterinary Medicine, Chungbuk National University, 2005, April, Cheongju, Korea
  • Yamanouchi K, Yada E, Ishiguro N, Nishihara M
    「Transient Appearance of Adipocytes during Regeneration of Skeletal Muscle of the Rat.」
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle and Stem Cells", 2005, June, Tucson AZ, USA
  • Ishiguro N, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Influences of Muscle Fibers and Extracellular Matrix on Spontaneous Mesenchymal Differentiation of Satellite Cells.」
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle and Stem Cells", 2005, June, Tucson AZ, USA
  • Tatsumi R, Yamanouchi K, Hosoyama T, Shiratsuchi S, Ikeuchi Y, Allen RE
    「A Possible Mechanism for Muscle Satellite Cell Quiescence: HGF Induces Myostatin Expression and Secretion.」
    FASEB summer research conference "Skeletal Muscle and Stem Cells", 2005, June, Tucson AZ, USA
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「ストレス条件下における視床下部 -下垂体-性腺(HPG)系に対するグルココルチコイドの保護作用」
    第32回 日本神経内分泌学会/第20回 日本下垂体研究会 合同大会 2005年7月 沖縄
  • 穂積裕幸、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモン分泌低下ラットにおける過食発現メカニズムの解析」
    第32回 日本神経内分泌学会/第20回 日本下垂体研究会 合同大会 2005年7月 沖縄
  • 長克武、内島泰信、伯野史彦、山内啓太郎、西原真杉、高橋伸一郎
    「ヒト成長ホルモン過剰発現ラットにおけるインスリン抵抗性とその補償作用の発生原因と連携機構の解明」
    第78回 日本内分泌学会 2005年7月 東京
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生殖機能維持機構の解明」
    第98回 日本繁殖生物学会 2005年9月 静岡
  • 千葉秀一、山内啓太郎、西原真杉
    「グラニュリンノックアウトマウスの海馬歯状回における神経新生の解析」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • 山内啓太郎、矢田英理香、石黒直美、西原真杉
    「筋衛星細胞の分化運命決定におけるギャップ結合の役割について」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「拘束ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生理作用の解析」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • 李輝哲、山内啓太郎、西原真杉
    「周産期ラットにおけるフタル酸/アジピン酸エステル類曝露の視床下部遺伝子発現および性行動に対する影響」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • 穂積裕幸、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモン分泌不全ラットにおける過食に対するニューロペプチド Yの関与」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • 石黒直美、山内啓太郎、西原真杉
    「筋衛星細胞に由来する筋・脂肪細胞の出現比率に対する細胞外マトリックスの影響」
    第140回 日本獣医学会 2005年9月 鹿児島
  • Nishihara M
    「Regulation of functional luteolysis in rodents.」
    Joint Polish-Japanese Seminar: Cutting-edge Reproductive Physiology - Regulation of Ovarian Function, 2005, September, Krakow, Poland
  • Lee HC, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Effects of preinatal exposure to DBP, DINP and DEHA on hypothalamic gene expression and sexual behavior in rats.」
    The 4th Meeting of the Polish Society for Biology of Reproduction. 2005, September, Krakow, Poland
  • Nishihara M
    「Brain sciences in animal science field in Japan.」
    College of Life Science and Agriculture, Hainan University, 2005, October, Haikou, China
  • 千葉秀一、山内啓太郎、西原真杉
    「成体脳の神経新生に対するエストロジェン作用の加齢に伴う変化」
    第10回 日本生殖内分泌学会 2005年11月 東京
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「プロスタグランジン合成阻害を介したグルココルチコイドの生殖機能維持作用」
    第10回 日本生殖内分泌学会 2005年11月 東京
  • Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Protective effects of glucocorticoid on luteinizing hormone secretion under stress conditions.」
    Society for Neuroscience, 35th annual meeting, 2005, November, Washington DC, USA

2004

  • 西原真杉
    「視床下部ランニングニューロンによる走行運動の発現」
    基盤研究Cシンポジウム 「脳の形成」と「生活習慣病予防」に運動が必要なわけを探る 2004年3月 東京
  • 長克武、内島泰信、木村久美、有賀美也子、伯野史彦、山内啓太郎、西原真杉、高橋伸一郎
    「ヒト成長ホルモン過剰発現ラットの肝臓におけるインスリン抵抗性の新しい補償機構」
    第77回 日本内分泌学会 2004年6月 京都
  • Yamanouchi K
    「Adipogenic differentiation of skeletal muscle stem cell.」
    14th Lake Shirakaba Conference. International Symposium on Epigenetics and Regenerative Medicine. 2004, June, Vedbeak, Denmark
  • Yamanouchi K, Nishihara M.
    「Effects of Vasopressin on Food intake and its mechanism in hypothalamus.」
    2003 World Congress on Neurohypophysial Hormones, 2004, August, Kyoto, Japan
  • 山内啓太郎、矢田英理香、穂積裕幸、上野千織、西原眞杉
    「ヒト成長ホルモン遺伝子導入ラットにおける下腿骨の解析」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 栢菅遊子、鈴木正寿、菊水健史、山内啓太郎、岩倉洋一郎、西原真杉
    「グラニュリン・ノックアウトマウスの作出とその攻撃性の評価」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 松脇貴志、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「急性ストレス条件下におけるグルココルチコイドの排卵維持作用」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 米澤智洋、茂木一孝、李俊佑、穂積裕幸、松脇貴志、鈴木正寿、山内啓太郎、西原眞杉
    「成長ホルモンのパルス状分泌形成に対するニューロペプチド Yの関与」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 矢田英理香、山内啓太郎、鈴木正寿、西原真杉
    「異なる骨格筋に由来する筋衛星細胞の脂肪分化能の解析」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 石黒直美、山内啓太郎、西原真杉
    「筋衛星細胞の脂肪細胞分化に対する筋線維の影響」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 穂積裕幸、山内啓太郎、西原真杉
    「成長ホルモントランスジェニックラットを用いた摂食制御機構の解析」
    第138回 日本獣医学会 2004年9月 札幌
  • 山内啓太郎
    「骨格筋幹細胞の脂肪分化「脂肪細胞-最近の動向-」」
    第138回 日本獣医学会生理・生化・臨床教育研究集会 2004年9月 札幌
  • 米澤智洋、山内啓太郎、西原眞杉
    「シバヤギにおける成長ホルモンパルスの性周期変動とその意義」
    第97回 日本繁殖生物学会 2004年9月 広島
  • Yonezawa T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Sex steroid dependency of growth hormone pulsatility in the goat.」
    近畿大学 21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」 第4回国際 COEシンポジウム 2004年9月 和歌山
  • 西原真杉
    「哺乳類における脳の性分化機構の解析」
    特定領域研究「性分化機構の解明」公開シンポジウム 2004年10月 東京(東大)
  • Nishihara M
    「Chages in growth hormone pulsatility during the estrous cycle in Shiba goats.」
    Hainan Academy of Agricultural Sciences, Nov.11, 2004, Haikou, China,
  • Nishihara M
    「Neuroendocrine control of the estrous cycle in monkeys.」
    Primate/Animal Disease Model Symposium. Korean Research Institute of Bioscience and Biotechnology,Dec.10, 2004, Daejeon, Korea

2003

  • 山内啓太郎
    「筋細胞の分化」
    第8回 動物生命科学シンポジウム 2003年3月 筑波
  • 藤岡仁美、鈴木正寿、山内啓太郎、太田昭彦、長嶋比呂志、加藤昌克、西原真杉
    「蛍光タンパク遺伝子導入による性腺刺激ホルモン放出ホルモンニューロン可視化ラットの作出」
    第135回 日本獣医学会 2003年3月 東京
  • 西原真杉
    「トランスジェニックラットを用いた成長ホルモン/インスリン細胞内情報伝達系のクロストークに関する研究」
    第8回Novo Nordisk Growth研究会 2003年6月7日 東京
  • Hosoyama T, Yamanouchi K, Yada E, Tachi C, Nishihara M
    「Serum myostatin levels are changed in the regeneration and atrophy state of muscle.」
    FASEB summer research conference, "Muscle satellite and stem cells", 2003, July, Tucson AZ, USA
  • Yada E, Yamanouchi K, Naito K, Tojo H, Nishihara M
    「Presence of distinct populations of satellite cells with regard to their adipogenic potential.」
    FASEB summer research conference "Muscle satellite and stem cells", 2003, July, Tucson AZ, USA
  • Nishihara M
    「Neuroendocrine control of growth and metabolism through growth hormone pulsatility.」
    Kinki Univ. 21 COE Symposium, 2003, Sept.4. Osaka
  • 千葉秀一、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「ラット海馬歯状回における神経新生に対するエストロジェン作用の解析」
    第136回 日本獣医学会 2003年10月 青森
  • 池邑良太、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「体液浸透圧上昇時の摂食抑制におけるバソプレッシンの役割」
    第136回 日本獣医学会 2003年10月 青森
  • Walimuni Samantha Nilanthi Jayasekara、米澤智洋、石田真帆、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「Expression of 20a-hydroxysteroid dehydrogenase in the placenta of Shiba goats.」
    第136回 日本獣医学会 2003年10月 青森
  • 山内啓太郎、矢田英理香、石黒直美、西原真杉
    「筋サテライト細胞の脂肪分化制御機構 (ワークショップ 応用動物科学領域における幹細胞研究の展開)」
    第136回 日本獣医学会 2003年10月 青森
  • 松脇貴志 鈴木正寿 山内啓太郎 西原真杉
    「感染ストレス条件下の生殖機能に対するグルココルチコイドの保護作用」
    第8回生殖内分泌学会 2003年11月 横浜
  • 石田真帆、平林啓司、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「20a-水酸化ステロイド脱水素酵素ノックアウトマウスの生殖機能」
    第8回生殖内分泌学会 2003年11月 横浜
  • Matsuwaki T, Suzuki M, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Glucocorticoid maintains luteinizing hormone secretion under infectious stress condition.」
    Society for Neuroscience, 33th annual meeting, 2003, November, New Orleans, USA
  • Yonezawa T, Mogi K, Li JY, Sawasaki T, Suzuki M, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Changes in pulsatile pattern of growth hormone secretion during estrous cycle in goats.」
    Society for Neuroscience, 33th annual meeting, 2003, November, New Orleans, USA
  • 西原真杉
    「脳の性分化に対する内分泌撹乱化学物質の影響」
    第14回神経行動毒性研究会 2003月12月12日 東京(星薬科大)

2002

  • 西原真杉
    「視床下部ランニングニューロンによる走行運動の発現」
    文部科学省科学研究費基盤 (C)シンポジウム 「脳の形成」と「生活習慣病予防」に運動が必要なわけを探る 2002年3月 東京
  • 矢田英理香、山内啓太郎、内藤邦彦、西原真杉、東條英昭
    「種々の筋細胞培養系における脂肪細胞分化誘導の試み」
    第100回 日本畜産学会 2002年3月 東京
  • 伊藤雅方、横内耕、山内啓太郎、内藤邦彦、宮崎純一、遠藤仁司、袴田陽二、 東條英昭
    「In vitro及びin vivoのCre/loxP系におけるSry発現細胞の解析」
    第100回 日本畜産学会 2002年3月 東京
  • 池田佳代子、湯本将貴、山内啓太郎、内藤邦彦、東條英昭
    「トランスジェニックマウスを用いた WAPの生物学的機能に関する解析」
    第100回 日本畜産学会 2002年3月 東京
  • Nishihara M
    「Molecular endocrinological approaches to the regulation of animal function.」
    Molcular Bioengineering of Food Animal Resources, Research for the Future Program, JSPS, May 17, 2002, Osaka
  • Hirabayashi K, Ishida M, Suzuki M, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Regulatory mechanisms of expression of mouse 20 a -hydroxysteroid dehydrogenase gene by prolactin.」
    Gordon Research Conference, Mechanisms of Hormone Action. July 2002, Meriden, USA
  • Suzuki M, Lee H-C, Chiba S, Yonehara K, Yonezawa T, Nishihara M
    「Effect of perinatal exposure to environmental endocrine disrupting chemicals on sexual behaviors and serum hormone levels in rats.」
    5th International Congress of Neuroendocrinology. September 2002.Aug 31-Sep 4, Bristol, UK
  • 平林啓司、石田真帆、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「マウス 20a-水酸化ステロイド脱水素酵素遺伝子のプロラクチンによる発現調節機構」
    第95回 日本繁殖生物学会 2002年9月 盛岡
  • 矢田英理香、山内啓太郎、内藤邦彦、東條英昭、西原真杉
    「筋衛星細胞から脂肪細胞への分化能の検討」
    第134回 日本獣医学会 2002年9月 岐阜
  • 米原圭祐、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「cDNAマイクロアレイを用いた脳の性分化関連遺伝子群の探索」
    第134回 日本獣医学会 2002年9月 岐阜
  • 松脇貴志、渡邉絵里奈、山内啓太郎、西原真杉
    「感染ストレス下での性腺刺激ホルモン分泌に対するグルココルチコイドの役割」
    第134回 日本獣医学会 2002年9月 岐阜
  • Suzuki M, Lee H-C, Chiba S, Yonehara K, Yonezawa T, Nishihara M
    「Perinatal exposure of female rats to environmental endocrine disrupting chemicals interferes with lordosis behavior and LH surge on the proestrous day in adulthood.」
    32nd Annual Meeting of Society for Neuroscience, Orland, USA, November 2002.Nov 2-Nov 7
  • Nishihara M, Suzuki M
    「Estrogen actions in the brain.」
    2nd Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology, December, Fukui

2001

  • 金 昌勲、徐 丙釜、澤崎 徹、山内 啓太郎、内藤 邦彦、舘 鄰、 Hinsch E、東條 英昭
    「哺乳類胚の卵管輸送における胚認識機構について」
    第98回 日本畜産学会 2001年3月 仙台
  • Hamid B、Ito M、Yamanouchi K、Naito K、Tojo H
    「Site specific integration of the transgene targeting an endogenous lox-like site in early mouse embryos.」
    第98回 日本畜産学会 2001年3月 仙台
  • 大澤 恵美、池田 佳代子、山内 啓太郎、内藤 邦彦、東條 英昭
    「乳腺培養細胞系による乳清酸性タンパク質 (WAP)の生物学的機能の解析」
    第98回 日本畜産学会 2001年3月 仙台
  • Ariga M, Rho J, Takahashi S-I, Nishihara M
    「Insulin signaling in hepatocytes and adipocytes of transgenic rats with high circulating growth hormone levels.」
    83rd Annual Meeting of the Endocrine Society, June 2001, Denver, USA
  • Mogi K, Yonezawa T, Chen D, Takahashi M, Nishihara M
    「Somatostatin Pulses in the Cerebrospinal Fluid of Shiba-Goats: Correlation with Growth Hormone Pulses.」
    83rd Annual Meeting of the Endocrine Society, June 2001, Denver, USA
  • Suzuki M, Takahashi M, Nishihara M
    「Granulin precursor gene as a sex-steroid inducible gene involved in sexual differentiation of the rat brain.」
    83rd Annual Meeting of the Endocrine Society, June 2001, Denver, USA
  • Furuhata Y, Takahashi M, Nishihara M
    「Analysis of insulin resitance and early steps of insulin signaling in the transgenic rats with low circulating growth hormone levels.」
    83rd Annual Meeting of the Endocrine Society, June 2001, Denver, USA
  • Katakai Y, Harada R, Naito K, Tojo H
    「Skeletal muscle regeneration induces HGF expression in distal non-muscle organs.」
    FASEB summer research conference, "Muscle Satellite Cells and Stem Cells", July, 2001, Tucson AZ, USA
  • 鈴木正寿、松脇貴志、西原真杉
    「グラニュリン前駆体蛋白のラット脳における免疫組織学的解析」
    第24回 日本神経科学大会 2001年9月 京都
  • 米澤智洋、降籏泰史、平林啓司、鈴木正寿、高橋迪雄、西原真杉
    「精巣経由遺伝子導入方法による遺伝子改変動物の作出:導入遺伝子の消長」
    第99回 日本畜産学会 2001年9月 長野
  • 石田真帆、平林啓司、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「マウス 20a-水酸化ステロイド脱水素酵素ゲノムDNAのクローニング」
    第94回 日本繁殖生物学会 2001年9月 東京
  • 西原真杉
    「脳の性分化の誘導機構について」
    第94回 日本繁殖生物学会シンポジウム 2001年9月 東京
  • ハミド B.、伊藤雅方、山内啓太郎、内藤邦彦、東條英昭
    「内在性 lox-like部位を標的としたマウス初期胚への部位特異的な遺伝子導入」
    第94回 日本繁殖生物学会 2001年9月 東京
  • 西原真杉
    「脳の性分化の誘導機構について(ワークショップ:多様な研究手法と生殖制御機構解明へのアプローチ)」
    第94回 日本繁殖生物学会 2001年9月 東京
  • 西原真杉
    「脳と性差」
    第4回万有製薬シンポジウム 若手研究者のための薬理学セミナー 2001年10月 東京
  • 茂木一孝、鈴木正寿、西原真杉
    「脳脊髄液中ペプチド動態検出による成長ホルモンパルス発生機構の解析」
    第132回 日本獣医学会 2001年10月 盛岡
  • 有賀美也子、魯禎妍、高橋伸一郎、西原真杉
    「成長ホルモントランスジェニックラットにおける糖代謝機構の解析」
    第132回 日本獣医学会 2001年10月 盛岡
  • 米澤智洋、降籏泰史、平林啓司、鈴木正寿、高橋迪雄、西原真杉
    「リポソ-ム・ペプチド・ DNA複合体を用いた精子ベクター法による遺伝子改変動物の作出」
    第132回 日本獣医学会 2001年10月 盛岡
  • 有賀美也子、魯禎妍、高橋伸一郎、西原真杉
    「成長ホルモントランスジェニックラットにおける糖代謝機構の解析」
    第132回 日本獣医学会 2001年10月 盛岡
  • 茂木一孝、米澤智洋、陳丁生、鈴木正寿、高橋迪雄、西原真杉
    「脳室内ペプチド測定系を用いた成長ホルモンパルス発生機構の解析」
    第28回 日本神経内分泌学会 2001年10月 東京
  • 平林啓司、石田真帆、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「マウス20a-水酸化ステロイド脱水素酵素(20a-HSD)遺伝子のプロラクチン(PRL),プロスタグランジンF2a(PGF2a)による発現調節」
    第6回日本生殖内分泌学会 2001年11月 東京
  • 山内啓太郎
    「骨格筋の発達・再生機構における Reverse Genetics(第7回動物遺伝育種シンポジウム「家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略」)」
    第2回 日本動物遺伝育種学会 2001年11月 東京
  • 坂内慎、関忍、西原真杉、高橋迪雄
    「視床下部腹内側核に存在するランニングニューロンと GABA作動性抑制機構」
    第28回 日本神経内分泌学会 2001年11月 東京
  • 小野昌美、三木伸泰、牧野玲奈、降籏泰史、西原真杉、高橋迪雄、高野加寿恵
    「ラットの胃における des-Gln14-Ghrelin (Ghrelin-27)の分布とGHの影響」
    第28回 日本神経内分泌学会 2001年11月 東京
  • Nishihara M, Suzuki M
    「Estrogen action in the brain.」
    2nd Canada-Japan Bilateral Exchanges in Reproductive Biology and Human Reproduction, November 2001, Fukui, Japan
  • Yamanouchi K
    「Growth Factors in Skeletal Muscle Development and Regeneration.」
    2nd Canada-Japan Bilateral Exchanges in Reproductive Biology and Human Reproduction, November 2001, Fukui, Japan
  • Suzuki M, Takahashi M, Nishihara M
    「Oocyte-Specific Expression of Granulin Precursor (Acrogranin) in Rat Ovary.」
    2nd Canada-Japan Bilateral Exchanges in Reproductive Biology and Human Reproduction, November 2001, Fukui, Japan

2000

  • Nishihara M
    「Hypothalamic control of reproductive function.」
    1st Canada-Japan Bilateral Exchanges in Reproductive Biology and Human Reproduction, March 2000, Ottawa, Canada
  • Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Sexual differentiation of the brain.」
    1st Canada-Japan Bilateral Exchanges in Reproductive Biology and Human Reproduction, March 2000, Ottawa, Canada
  • Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Identification of granulin gene as a sex-steroid inducible gene involved in sexual differentiation of the rat brain.」
    Year 2000 international Congress of AAAP/ASAP, July 2000, Sydney, Australia
  • Hu J-M, Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Effect of taurine in milk on the growth of rat pups.」
    Year 2000 international Congress of AAAP/ASAP, July 2000, Sydney, Australia
  • Furuhata Y, Kagaya R, Hirabayashi K, Nishinhara M, Takahashi M
    「Leptin Resistance in obese transgenic rats expressing human growth hormone gene.」
    Year 2000 international Congress of AAAP/ASAP, July 2000, Sydney, Australia
  • 鈴木正寿、西原真杉
    「新生ラット視床下部におけるグラニュリン前駆体遺伝子のエストロジェン処置による発現誘導」
    第23回 日本神経科学大会 2000年9月 横浜
  • 鈴木正寿、米澤智洋、藤岡仁美、西原真杉
    「新生ラット視床下部におけるグラニュリン前駆体遺伝子のエストロジェンによる発現誘導」
    第27回 日本神経内分泌学会 2000年10月 神戸
  • 鈴木正寿、西原真杉
    「脳の性分化誘導機構に関する分子生物学的解析 -グラニュリン遺伝子の単離とその機能-」
    第93回 日本繁殖生物学会シンポジウム 2000年10月 神戸
  • Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Increase of granulin precursor gene expression by estrogen treatment in neonatal rat hypothalamus.」
    30th Annunal meeting fo Society for Neuroscinece, November 2000, New Orleans, USA
  • 鈴木正寿、米澤智洋、藤岡仁美、松室三重、西原真杉
    「新生ラット視床下部におけるグラニュリン前駆体遺伝子の性ステロイドによる発現誘導 - 内分泌かく乱化学物質の標的因子としての可能性 -」
    第3回 日本内分泌かく乱化学物質学会 2000年12月 横浜
  • Mogi K, Nishihara M
    「Characterization of Pulsatile Growth Hormone Secretion in the Shiba-goat.」
    International symposium of Waseda Univ. "Brain, Nose, Pituitary", December 2000, Tokyo, Japan
  • Suzuki M
    「Molecular biological approach to the sexual differentiation of the rodent brain.」
    International symposium of Waseda Univ. "Brain, Nose, Pituitary", December 2000, Tokyo, Japan
  • Nishihara M
    「Regulation of Electrical Activity of Hypothalamic GnRH Pulse Generator.」
    International symposium of Waseda Univ. "Brain, Nose, Pituitary", December 2000, Tokyo, Japan

1999

  • Ishida M , Chang K-T , Nishihara M , Takahashi M
    「Cloning of mouse 20a-hydroxysteroid dehydrogenase and its gene expression during pregnancy.」
    81st Annual Meeting of the Endocrine Society, June 1999, San Diego, USA
  • Suzuki M, Bannai M, Matsumuro M, Nishihara M, Takahashi M
    「Reduced expression of sexual behavior in male rats with antisense-oligodeoxynucleotide of granulin gene neonatally treated.」
    32nd Annunal meeting for Society for the study of reproduction, July 1999, Washington, USA
  • 鈴木正寿、松室三重、坂内 慎、金田安史、西原真杉、高橋迪雄
    「脳の性分化におけるグラニュリン遺伝子発現の役割」
    第24回 日本比較内分泌学会 1999年7月 名古屋
  • 平林啓司、倉永英里奈、鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「ラット 20 a - 水酸化ステロイド脱水素酵素( 20 a -HSD )の胸腺における発現について」
    第24回 日本比較内分泌学会 1999年7月 名古屋
  • 石田真帆、張、奎泰、平林啓司、西原真杉、高橋迪雄
    「マウス 20 a - 水酸化ステロイド脱水素酵素遺伝子のクローニングとその妊娠子宮、胎盤、胎子における mRNA発現」
    第92回 日本繁殖生物学会 1999年9月 仙台
  • 鈴木正寿、松室三重、坂内 慎、金田安史、西原真杉、高橋迪雄
    「新生雄ラット脳室内へのグラニュリンアンチセンス DNA投与による雄性行動の発現抑制」
    第92回 日本繁殖生物学会 1999年9月 仙台
  • 倉永英里奈、鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「ラット黄体細胞のアポトーシスにおける免疫細胞の役割」
    第4回 日本内分泌学会生殖内分泌分科会 1999年9月 仙台
  • 平林啓司、倉永英里奈、鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「ラット 20alpha-水酸化ステロイド脱水素酵素の胸腺における発現について」
    第4回 日本内分泌学会生殖内分泌分科会 1999年9月 仙台
  • 鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「脳の性分化誘導因子としてのグラニュリン遺伝子の単離とその機能解析」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • 胡 建民、鈴木正寿、平林啓司、池邑良太、西原真杉、高橋迪雄
    「ラット乳子の発育に対する乳汁中タウリンの影響」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • 倉永英里奈、嘉糠洋陸、平林啓司、鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「ラット黄体機能化に伴うアポトーシス回避機序について」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • 降旗泰史、池田明弘、平林啓司、西原真杉、高橋迪雄
    「ヒト成長ホルモントランスジェニックラットにおける肥満の誘導機序について」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • 茂木一孝、山田榮祐、篠崎和美、李俊祐、鈴木正寿、西原真杉、澤崎徹、高橋迪雄
    「シバヤギにおける成長ホルモンのパルス状分泌動態の検出」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • 大西裕子、西原真杉、高橋迪雄
    「視床下部腹内側核におけるカイニン酸型グルタミン酸受容体を介した走行運動の誘起について」
    第128回 日本獣医学会学術集会 1999年10月 熊本
  • Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Granulin is a sex-steroid inducible gene in the hypothalamus and involved in sexual differentiation of the rat brain.」
    ISARS symposium, November 1999, Hayama, Japan
  • 倉永英里奈、嘉糠洋陸、鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「卵巣の黄体退行過程における Fas/Fas ligandシステムの機能的な関与」
    第22回 日本分子生物学会 1999年12月 福岡
Copyright ©2011 Department of Veterinary Physiology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo.All Rights Reserved.