トップページ > 研究業績 > 著書・総説など

著書・総説など

  • 中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    「老化とサルコペニアの分子メカニズム−骨格筋ニッチ構成因子SPARCによる筋分化および脂肪分化調節作用とその加齢性変化−」
    Clinical Calcium 24, 1471-1478, 2014.
  • 田中良法、西原真杉
    「前頭側頭葉変性症の病因因子プログラニュリンと神経炎症」
    医学のあゆみ 248, 891-896, 2014.
  • 山内啓太郎、竹ヶ原優希、中村克行、西原真杉
    「骨格筋に出現する脂肪細胞の起源とその蓄積機序」
    食肉の科学 54, 155-158, 2013.
  • 西原真杉
    「繁殖生物学(分担執筆)」
    インターズー,東京, 2013.
  • 中村克行、山内啓太郎、西原真杉
    「サルコペニアにおける非構造性細胞外マトリクスタンパク質SPARCの役割」
    生体の科学 64, 132-138, 2013.
  • Wu GF, Matsuwaki T, Tanaka Y, Yamanouchi K, Hu JM, Nishihara M
    「Taurine counteracts the suppressive effect of lipopolysaccharide on neurogenesis in the hippocampus of rats. 」
    Advances in Experimental Medicine and Biology 775, pp. 111-119, 2013.
  • 根建拓、松脇貴志、西原真杉
    「プログラニュリンと行動・神経変性」
    Cognition Dementia 10,140-146, 2011.
  • 根建拓、松脇貴志、朝倉麗、西原真杉
    「認知症の発症にかかわる遺伝子:プログラニュリン」
    老年精神医学雑誌 21, 555-560, 2011.
  • Suzuki M, Lee H-C, Kayasugi Y, Chiba S, Nedachi T, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
    「Roles of proguranilin in sexual differentiation of the developing brain and adult neurogenesis.」
    J Reprod Dev 55,351-355, 2009.
  • 根建 拓、河合隆徳、西原真杉
    「成長因子プログラニュリンの機能と神経変性」
    実験医学 27, 1345-1349, 2009.
  • 新井哲明、長谷川成人、西原真杉、中野隆、亀谷富由樹、吉田眞理、橋詰良夫、Thomas Beach、森田光哉、中野今治、織田辰郎、土屋邦秋、秋山治彦
    「遺伝子変異とFTD:Proguranulin 遺伝子を含めて」
    臨床神経学 48,990-993, 2008.
  • 千葉秀一、西原真杉
    「ホルモンによる成体神経新生の制御」
    Clin Neurosci 26,893-895, 2008.
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「感染ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生殖機能維持機構について」
    エンドトキシン研究 10,8-13, 2008.
  • 松脇貴志、西原真杉
    「性ステロイドの中枢作用」
    Horm Front Gynecol 14,123-129, 2007.
  • 松脇貴志、山内啓太郎、西原真杉
    「ストレス条件下での生殖機能制御におけるグルココルチコイドの役割」
    日本生殖内分泌学会雑誌 11,33-37, 2006.
  • 千葉秀一、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「成体脳の神経新生に対するエストロジェン作用ーグラニュリンの関与と加齢に伴う変化ー」
    日本生殖内分泌学会雑誌 11,17-20, 2006.
  • 鈴木正寿、西原真杉
    「脳の性分化の分子・遺伝子機構」
    Horm Front Gynecol 12,227-234, 2005.
  • 鈴木正寿、西原真杉
    「脳の性分化における分子機構ーグラニュリンの関わりー」
    性差と医療 2,157-160, 2005.
  • 石田真帆、平林啓司、鈴木正寿、山内啓太郎、西原真杉
    「20a-水酸化ステロイド脱水素酵素ノックアウトマウスの生殖機能」
    日本生殖内分泌学会雑誌 9,35-38, 2004.
  • 今川和彦、西原真杉
    「比較生物学から見た月経の意義」
    Horm Front Gynecol 11,127-132, 2004.
  • Furuhata Y, nishihara M and Takahashi M
    「Effects of pulsatile secretion of growth hormone (GH) on fat deposition in human GH transgenic rats.」
    Nutri Res Rev 15,231-244, 2002.
  • 降旗泰史、西原真杉、高橋迪雄
    「成長ホルモン分泌不全トランスジェニックラットにおけるインスリン抵抗性と肥満」
    内分泌・糖尿病科 15,suppl.1,187-194, 2002.
  • 米沢智洋、茂木一孝、山内啓太郎、鈴木正寿、西原真杉
    「実験動物における成長ホルモン分泌調節機構」
    内分泌・糖尿病科 15,suppl.1,19-25, 2002.
  • Suzuki M, Nishihara M
    「Granulin precursor gene:a sex steroid-inducible gene involved in sexual differentiation of the rat brain.」
    Mol Genetic Metab 75,31-37, 2002.
  • 西原真杉
    「トランスジェニック動物を用いた有用遺伝子の探索」
    学術月報54,23-27, 2001.
  • 西原真杉、高橋迪雄、鈴木正寿
    「妊娠の生物学(中山徹也,牧野恒久,高橋迪雄監修), 生殖機能の中枢性制御機構 」
    永井書店, 大阪, 108-115, 2001.
  • 鈴木正寿、西原真杉、高橋迪雄
    「脳の性分化誘導機構に関する分子生物学的解析ーグラニュリン遺伝子の単離とその機能ー」
    J reprod Dev 46,j51-j57, 2000.
  • 鈴木正寿、西原真杉
    「哺乳動物における脳の性分化誘導機構の分子生物学的解析-グラニュリン遺伝子の単離とその機能-」
    日本比較内分泌学会ニュース98,25-29, 2000.
  • Suzuki M, Nishihara M, Takahashi M
    「Granulin is a sex-steroid inducible gene in the hypothalamus and involved in sexual differentiation of the rat brain.」
    J Reprod Dev 46 Suppl,51-52, 2000.
  • 西原真杉
    「視床下部 GnRHパルスジェネレーターによる性腺機能の調節」
    日本比較内分泌学会ニュース92,8-13, 1999.
  • Nishihara M, Takeuchi Y ,Tanaka T ,Mori Y
    「Electrophysiological correlates of pulsatile and surge gonadotrophin secretion.」
    Reviews of Reproduction 4,110-116, 1999
  • 西原真杉
    「哺乳類生殖生物学(分担執筆)」
    学窓社,東京
Copyright ©2011 Department of Veterinary Physiology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo.All Rights Reserved.